電磁クラッチカウンターやポンプユニットに使用、エンジンの回転力をポンプなどへ伝達します

MMC-電磁クラッチ

・小倉クラッチ採用で信頼性抜群!小型高トルク型です。
・機種が豊富なのであらゆる小型漁船にマッチングします。
・スイッチ1つでクラッチ操作が可能です。
・クラッチの回転方向は右・左どちらでも自由です。
・特殊板ばね採用により、振動・衝撃に対して高い耐久性があります。
・放熱効果がよく、高頻度、過酷な使用に耐えます。

電磁クラッチは、コイル(電磁石)に供給する電力の断続により電磁力を制御し,エンジンの回転力を、船上の発電機や油圧ポンプ等の駆動力として伝達する装置です。小型船舶用電磁クラッチには、摩擦式乾式単板一MMC型(小倉クラッチ(株)製)が使用されます。励磁コイルに通電(DC24V、まれにDC12V)して、ロータとアーマチュア間に生じた磁束によりロータとアーマチュアを結合させます。電力を遮断すると板バネの力でアーマチュアが引き戻され、結合が解かれます。

油圧ポンプユニットやカウンターAss’yなど幅広い用途に使用可能です。

電磁クラッチとプーリの組立概略図
電磁クラッチとプーリの組立概略図
当社の舶用製品
当社の舶用製品

MMC-PU

MMC-PS

MMC-PF

MMC-SD

主要諸元

主要諸元

伝達力

単位:PS(安全率は1.5倍としてあります)

伝達力

必要な油圧ポンプ力の計算方法(適用機種:MMC-PU)

油圧ポンプ力=P×Q/450 (PS)
  P:圧力 (kg/cm2)
  Q:流量 (L/min)

 

I クラッチ・ブレーキの主な計算式

  1. トルクの計算

    • T=9550・P/n=7017・PS/n
  2. 平均動摩擦トルクの計算

    • 1) 負荷トルクのない場合
      Td=J・n/9.55tae
    • 2) 負荷トルクのある場合
      起動加速 Td=(J・n/9.55tae)+Tl
      減速停止 Td= (J・n/9.55tab)-Tl
  3. 動作時間の計算

    • 1) 負荷トルクのない場合
      tae=tab=2π・J・n/60Td=J・n/9.55Td
    • 2) 負荷トルクのある場合
      起動加速 tae=2π・J・n/60(Td-Tl)=J・n/9.55(Td-Tl)
      減速停止 tab=2π・J・n/60(Td+Tl)=J・n/9.55(Td+Tl)
  4. 仕事の計算

    • 1) 負荷トルクのない場合
      Ee=Eb=J・n2/182
    • 2) 負荷トルクのある場合
      起動加速 Ee=(J・n2/182)・(Td/Td-Tl)
      減速停止 Eb=(J・n2/182)・(Td/Td+Tl)
  5. 仕事率の計算

    • 1) 負荷トルクのない場合
      Pe=Pb=(J・n2/182)・(Nc/60)
    • 2) 負荷トルクのある場合
      起動加速 Pe=(J・n2/182)・(Td/Td-Tl)・(Nc/60)
      減速停止 Pb=(J・n2/182)・(Td/Td+Tl)・(Nc/60)
  6. 寿命の計算

    • L=V/w・Ee(orEb)=Et/ Ee(orEb)

記号説明

T:トルク(Nm)
P:原動機出力(KW)
PS:原動機出力(HP or hp) 
n:クラッチ・ブレーキ軸の回転数(r/min)
Td:クラッチ・ブレーキの動摩擦トルク(Nm)
J:系のクラッチ・ブレーキ軸換算慣性モーメントの総計(Kcm2)
Tae:クラッチの実連結時間(s)
Tab:ブレーキの実制動時間(s)
Tl:負荷トルク(Nm)
Ee:クラッチの連結仕事(J)
Eb:ブレーキの制動仕事(J)
Pe:クラッチの連結仕事率(W)
Pb:ブレーキの制動仕事率(W)
Nc:クラッチ・ブレーキの作動頻度(回/min)
L:寿命までの連結(制動)回数(回)
V:摩擦板磨耗限度までの総体積(cm3)
w:磨耗率((cm3/J)
Et:磨耗限度までの総仕事(J)

Ⅱ カップリングトルクの計算式

  1. 定格トルク

    • T=9550・P/n=7017・PS/n
  2. 設計トルク

    • TD=T・K

記号説明

T:定格トルク(Nm)
TD:設計トルク(Nm)
P:原動機出力(KW)
PS:原動機出力(HP or hp)
n:カップリングの回転数(r/min)
K:サービスファクター

電磁クラッチ本体は、常時在庫しております。

修理、改造の際はお気軽にお問合せください。