船の荷役装置ウィンチ(巻き上げ機)とクレーンの働き

このエントリーをはてなブックマークに追加

船には数多くの機械が搭載されています。

中には、クレーン船と呼ばれる船もあり、その名の通り「クレーン」が搭載されています。

では、「クレーン」とはどのように使うものなのでしょうか。併せて使用される「ウインチ」の機能は?

この記事では「ウィンチ」と「クレーン」の働きについてわかりやすく解説します。

是非最後までお読みください。

船のウィンチは巻き取り機

船のウィンチは巻き取り機

ウィンチとは、「巻き取り機」のこと。商船、客船、貨物船、フェリーボート、漁船など各種船舶甲板機械で活躍しています

船に限った話ではなく、建築現場などでも使用されることもあります。

一言にウィンチといっても、ウィンドラス(揚錨機)、キャプスタン、ムアリングウィンチ、カーゴウィンチ、ガイウィンチ、トッピングウィンチなど様々種類があり、船のウィンチは主に電動の物が使われます。

ウィンチの機能は、「人力では出せない強さ」で巻き上げること。

ウィンチとクレーンを組み合わせて、重たい荷物を吊り上げる際には欠かせない装置です。

船のクレーンは荷物を運べる

船のクレーンは荷物を運べる

クレーンとは、「動力を用いて、荷物を釣り上げ、水平に運ぶことができる機械」です。

クレーン車や、工場などで見かける事が多くあるかと思いますが、船に搭載されていることもあります。

では、なぜ船にクレーンが搭載されるのでしょうか?

その理由は大きく二つあります。

・一つは、荷物を運ぶため。

船にはコンテナなど多くの荷物が積まれています。人力では積み下ろしできないから、機械を使うわけですね。

・二つ目は、湾岸工事や沈没船を引き上げる作業のため。

こちらも人力では運べない、引き上げられない程重い物を動かす為に機械を使用します。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回は「ウィンチ」、「クレーン」について解説させていただきました。

ウィンチは「巻き取り機」の事であり、クレーンと組み合わせて使う物です。

クレーンは「重たい物を釣り上げ、水平に運ぶ」為に使う物になります。

船に搭載されている機械の一部の紹介となりましたが、この他にも多くの機器があります。

菅製作所では、船舶用機器も多数製作しておりますので、是非ご覧ください。


参考文献:
1. 川崎 豊彦,図解入門よくわかる最新船舶の基本と仕組み[第4版],株式会社秀和システム,2020年 第1版

参考サイト:
HITACHI (クレーンとは)

大同重機製作所

製品やサービスに関するお問い合せはこちら

お問い合せフォーム

この記事を書いた人

株式会社菅製作所

株式会社菅製作所

北海道北斗市で、スパッタ装置やALD装置等の成膜装置や光放出電子顕微鏡などの真空装置、放電プラズマ焼結(SPS)による材料合成装置、漁船向け船舶用機器を製造・販売しています。
また、汎用マイコン・汎用メモリへの書込みサービスも行っています。

お問い合わせはこちら