SDGsに貢献?船の輸送システムは経済や環境を支えている

このエントリーをはてなブックマークに追加

荷物の輸送には、車、飛行機、電車などのルートで運ばれますが、日本の貿易貨物のほとんどを船で運んでいます。

ほとんどの割合が船ということから、船がなくなると、油・ガス・食糧・衣類・木材、私たちの生活に必要なものが届かなくなることもあり得るのです。

船の輸送は日本に欠くことはできない輸送システム、さらにその輸送は経済にも環境にも貢献しているシステムだということをご存知でしたでしょうか。

そこで今回は、船の輸送がどのように経済、環境に影響しているのか解説しましょう。

船は日本経済を支えている

船は日本経済を支えている

日本の貿易

日本は島国ですので、輸出や輸入などの貿易によって成り立っています。

車を動かすガソリン、出かける時に着る服、都市ガスの原料となる液化天然ガスなどはほとんどが輸入で成り立っています。

逆に、自動車や部品、半導体等電子部品は輸出しており、その売り上げは2022年財務省貿易統計によると「7.1兆円」になります。

では、この輸出入品の何%が、船で運ばれているのでしょう?

2021年内閣府所轄の日本海事広報協会によると答えは、「99.6%」

日本はほぼ全ての貿易を、船で行っています。

船が無くなってしまうと、日本経済が壊滅するくらい、船は日本の経済を支えているのです。

なぜ船で貿易をするのか

船が日本の経済を支えていることは先ほどお話しました。

「飛行機の方が速くて良いんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。

ここでは、なぜ船で貿易をするのかについてお話していきます。

結論から言うと、「輸送効率が良い」から、船で貿易を行います。

輸送効率とは、消費するエネルギーに対し、運ぶ量が多いか少ないかを見るものです。

簡単に言うと、「いかに燃料を少なく、多くの物を運べるか」ということですね。

飛行機は確かに速いですが、「荷物を積めるスペース」が限られる。

トラックは多くの物を運べますが、「CO2排出」が多い。

船は「CO2排出を抑えつつ、大量の荷物を運べる」ため、輸送効率が桁違いに良いのです。

具体的なCO2排出量については、次の見出しで紹介しましょう。

船の輸送は環境に優しい

船の輸送は環境に優しい

最近では、「地球温暖化」、「温室効果ガス」など、環境問題に関する言葉をよく聞くようになりました。

中でも「CO2削減」は世界的なテーマとなり、「電気自動車」などなるべくCO2を排出しない製品が開発されています。

2019年に国土交通省が発表した内容によると、「1トンの物を積んで、1km進んだ時のCO2排出量」は以下の通りです。

自家用貨物車1166g
営業用貨物車225g
船舶41g

船に比べて、乗用車などの自家用貨物車は約28倍のCO2を、トラックなどの営業用貨物車は約5倍のCO2を排出することになります。

先ほどの見出しでもお話した通り、船の輸送は多くの物を積めるだけでなく、環境にも優しいんですね。

SDGsに貢献する船の輸送

SDGsに貢献する船の輸送

SDGsとは

SDGsとは、「持続可能な開発目標」を定めて、より良い世界を目指す国際的な取り組みのことです。

これは17のゴール・169のターゲットから構成されていますが、ここでは船がSDGsに貢献する「目標13 気候変動に具体的な対策を」についてお話します。

「目標13 :気候変動に具体的な対策を」とは

今世界が抱えている「気候変動」は、熱波や集中豪雨、大型の台風などの「自然災害」です。この自然災害には、「地球温暖化」が深く関わっており、その原因の一つに「CO2」があります。

つまり、CO2を削減するということは、地球温暖化を防ぐことにつながり、SDGsの目標達成にもつながります。

先ほどの見出しでは「船のCO2排出」は、他の輸送手段に比べて極端に低いことをお話しましたね。

船を使用した輸送システムは、地球に優しく、SDGsの目標達成にも貢献していることがわかります。

まとめ

今回は大きく3点お話ししました。

  • 船は日本の貿易、経済を支えている
  • 船はCO2排出が少なく、地球に優しいエコな輸送方法
  • 船の輸送システムを使用すると、SDGsの目標達成に貢献できる

日本だけでなく、地球にとっても船による輸送システムは必要不可欠なものになります。

菅製作所では、船舶用機器も多数製作しております。


参考文献:
1. 川崎 豊彦,図解入門よくわかる最新船舶の基本と仕組み[第4版],株式会社秀和システム,2020年 第1版
2. 池田  良穂,今日からモノ知りシリーズトコトンやさしい船舶工学の本,日刊工業新聞社,2017年 初版

参考サイト:

公益財団法人 日本海事広報協会(貿易 統計)

財務省貿易統計 (輸出売り上げ)
日本の貿易の特徴 | JFTC キッズサイト(日本の貿易の特徴)
日本の主な輸出入品 | JFTC キッズサイト(日本の主な輸出入品)
環境:運輸部門における二酸化炭素排出量 – 国土交通省(CO2排出量)
太平洋フェリー 貨物サービス CO2削減について(CO2排出量)
SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省(SDGsとは)
SDGs目標13. 気候変動に具体的な対策を | EduTownSDGs(目標13)
SDGsとは?17の目標内容と日本の政府・企業の取り組みを徹底解説(SDGsについて)

製品やサービスに関するお問い合せはこちら

お問い合せフォーム

この記事を書いた人

株式会社菅製作所

株式会社菅製作所

北海道北斗市で、スパッタ装置やALD装置等の成膜装置や光放出電子顕微鏡などの真空装置、放電プラズマ焼結(SPS)による材料合成装置、漁船向け船舶用機器を製造・販売しています。
また、汎用マイコン・汎用メモリへの書込みサービスも行っています。

お問い合わせはこちら